>  > まずはシャワールームに誘われました

まずはシャワールームに誘われました

精液を盛大にどばばっと発射した後はベッドでまどろんでいます。しばらくは何もする気力がおきないこの状態を賢者モードってよく言ったもんだなって思いますね。確かにいまちんぽをしゃぶられてもぴくりとも反応しない自信がありますよ。それで横になっていても、すぐに手を私のちんぽに伸ばしてくる女の子はやる気満々ですよ。おそらくちんぽをさわさわして元気になることを見極めているんだろうと思います。そこで私も高級ソープ嬢のおまんこに指入れしたりして、感触を楽しみます。普通指入れなんかはヘルスではオプションだったりするんですけど、高級ソープ店はほとんどの場合がOKなんですよね。というかNGがあったかな。とはいっても基本的には客は受け身に徹しているのが基本ですから、こっちが攻めることはそれほどないですよ。よく女の子が受けか攻めか聞いてくるなんて書き込みがありますけどあれが嘘っぽいと思うんですよ。私が知らないだけなのかな、なんてそんなことを考えているうちにちんぽも大きくなったので2回戦開始です。まずはシャワールームに誘われましたよ。

[ 2016-02-09 ]

カテゴリ: ソープ体験談